経産省主催「J-Startup」民間サポーターズ参画のお知らせ

マテリアルグループ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:青﨑曹 以下「マテリアルグループ」)傘下である株式会社マテリアル(本社:東京都港区 代表取締役社長:青﨑曹 以下「マテリアル」)および株式会社CONNECTED MATERIAL(本社:東京都港区 代表取締役社長:青﨑曹 以下「コネクテッドマテリアル」)は、経済産業省が主催するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に、民間サポーターズとして参画いたしました。

今後は、「J-Startup」により選定されたスタートアップ企業への広報支援と『CLOUD PRESS ROOM』の無償提供を行う予定です。



■参画の背景

この度マテリアルおよびコネクテッドマテリアルは、日本において成長性のあるスタートアップ企業に向けた広報・PR支援を目的として、経済産業省が主催する「J-Startup」の民間サポーターズに参画いたしました。

経済産業省が主催する「J-Startup」プログラムは、成長性のあるスタートアップ企業を「J-Startup企業」として選定し、日本政府をはじめ大企業やベンチャーキャピタルなどのサポーターズとともに、海外展開およびプレゼンスの向上を目指し、スタートアップエコシステムを構築し強化するプログラムです。現在、成長段階にあるスタートアップ企業の多くは、広報・PR活動が課題になることが多く、企業の競争力や成長性を高めるためにもその重要性は高いと考えています。令和という変化の激しい時代を担うスタートアップ企業の良き広報・PRパートナーとして、より一層の広報・PR支援に取り組んでまいります。


■具体的な支援内容

・PRプラットフォーム「CLOUD PRESS ROOM」の無償提供
・広報およびPR戦略のアドバイザリー
・スタートアップ企業向け相談会およびイベントの実施



■「J-Startup」について

「J-Startup」は、有識者が選定したスタートアップ企業を“J-Startup企業”として認定し、日本政府をはじめ、大企業やベンチャーキャピタルなどのサポーターズとともに、海外展開も含め官民一丸となって集中的にサポートしていくことで、日本の成長を支えるスタートアップエコシステムを構築・強化するプログラムです。





■代表のコメント

<マテリアルグループ・代表取締役社長・青﨑曹>
スタートアップ企業において、PRが果たす役割は大変大きいと考えております。一方で、PR体制の構築や、ブランドストーリーの構築を自社のリソースだけで実現することは容易ではありません。マテリアルグループは、グループの各事業を通じてスタートアップ企業の“PR体制の構築”、“ブランドストーリ構築”のハード・ソフトの両面を支援いたします。PRの力で事業の成長を支援し、各社が掲げる素晴らしいビジョンの実現に一歩でも近づけられるよう、努めて参ります。


--------------

本件に対するお問い合わせ先

マテリアルグループ株式会社
TEL:03-6869-6260 / Mail:press@materialpr.jp

---------------