フリップデスクとマテリアルグループが資本業務提携

マテリアルグループ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:青﨑曹 以下「マテリアルグループ」)と、WEB上で顧客状況に合わせた最適な接客支援を提供する『Flipdesk』を運営する株式会社フリップデスク(本社:東京都港区 代表取締役:佐々木忍 以下「フリップデスク」)は、2021年2月4日付で、資本業務提携を締結し、株式を取得したことをお知らせいたします。今後は、ストーリーテリングを軸に、ブランドをPRとCXで支援できるグループへ、さらなる成長を目指します。




■資本業務提携の背景

現在、マーケティング市場は大きな変革期を迎え、コミュニケーション手法が複雑化したことで、消費者やブランドに変化が生まれ多様化が加速しています。マーケティングコミュニケーションにおいても、トライブを的確に捉え、それぞれの価値観にあった適切なストーリーを伝えることのできる設計力および実行力が求められています。

このような潮流において、マテリアルグループ傘下であるマテリアル(本社:東京都港区 代表取締役:青﨑曹 以下「マテリアル」)では、“ストーリーテリング”のノウハウを主軸に、社会とブランドが手を握ることのできるストーリーの開発に取り組み、多くの実績を重ねてまいりました。

またフリップデスクは、サイトに訪れたユーザーの訪問/閲覧/購買データをもとに、趣味趣向を把握し、適切な情報訴求を行うことができるWEB接客ツール『Flipdesk』の開発を重ね、多種多様なユーザー属性・趣味嗜好に合わせたWEB接客コミュニケーションの実績を積んでおります。

今回の資本業務提携では、両社の共通点と強みを最大化させ、一気通貫型サービスを実行することで、さらなる事業拡大ができるものと確信しております。新たな経営体制を迎えたマテリアルグループは、今後も企業価値の向上を追求するとともに、質にこだわったサービスを顧客の皆様に提供してまいります。


■グループとしての可能性

<ストーリーを軸に“PRとWEB接客”を進化させる>
消費者の趣味嗜好が多様化する現代社会において、マテリアルグループおよびフリップデスクは、ストーリー設計の重要性を提唱してまいりました。また、デジタル化が進み、ブランドとの接点が多角化した中で、ECおよびWEBサイトが果たす役割はより大きくなっています。今後は、グループ企業のマテリアルが提唱する“ストーリーテリング”のノウハウと『Flipdesk』が培ってきたWEB接客のノウハウを合わせることで、それぞれの顧客に最適かつ良質なソリューションを開発・提供いたします。

<各社の可能性>
・マテリアルグループ
グループ各社のソリューションを統合しストーリーを軸にすることで、消費者とブランドの接点における良質な認知形成〜購買体験までを「一気通貫型」で支援可能となる。

・マテリアル
『Flipdesk』が保有する蓄積された「サイト遷移データ・顧客属性・購買データ」等を、マーケティングファネルにおける上流の認知形成に活用することで、「データに基づいたストーリーテリング」が可能となる。

・フリップデスク
グループ傘下であるマテリアルが有する総合PR事業のソリューションを『Flipdesk』サービスに活用することで、消費者のブランドに対する認知形成〜購買体験までを「一気通貫型」で支援可能となる。


■各社代表のコメント

<マテリアルグループ・代表取締役社長・青﨑曹>
今回の資本業務提携により、両社ノウハウを統合することで、当社の提供するソリューションはこれまで以上に拡大し進化することを確信しております。また、本提携に至るまで、佐々木社長とは幾度となく議論を重ねたことで、お互いの可能性を追求し尽くせたと感じております。同世代でもあり、心から尊敬できる佐々木社長と、さらに今後ブランドにとって重要機能となるWEB接客支援ツールを有するフリップデスクがマテリアルグループの仲間になってくれた事に、心から感謝しております。

<フリップデスク・代表取締役社長・佐々木忍>
ブランドと消費者の良質な関係を築くマテリアルと、ブランドサイトでの購買体験をより良いものにする当社。 互いがアプローチしてこなかった領域を補完でき、その繋ぎこみを当グループが実現することで、新たなスタンダードを生み出すことさえできると、そんな世界に心を躍らせ、本提携を実行することに致しました。代表の青﨑さんとは約1年の月日を掛け、議論に議論を重ねて参りました。積み上げた互いへの信頼、この人になら背中を預けられる、自分の役割に専念できると強く感じたのが、最終的には意思決定に大きく影響したと感じます。 今後は、マテリアルグループの他事業会社とも、保有プロダクトへの技術支援や人材育成事業へデジタルのエッセンスを融合させることなど、多方面で連携を取っていけることも非常に楽しみにしております。


■フリップデスクについて

当社は、WEB接客ツール『Flipdesk』の開発・運営を行っております。『Flipdesk』は、サイトに訪問したユーザーの訪問/閲覧/購買データをもとに、趣味趣向を把握し、適切な情報訴求を行うことができるWEB接客ツールです。キャンペーン告知やクーポン発行、チャットサポートなどを行うことで、一人ひとりの状況に合った最適な接客を実現し、購買率の向上やサイト内回遊・会員登録の促進、離脱率の低減などに貢献いたします。これまで累計950社・1,200サイト以上の導入実績があり、多種多様なサイトでご利用いただいております。業界の先駆けとして培ったノウハウと、そんな当社だからこそできる運用サポートを強みに、世の中の企業のデジタル化をバックアップいたします。


■マテリアルグループについて

当社は、マーケティング・コミュニケーション支援事業を手掛けるPRエージェンシーと、PR・マーケティング分野に強みのある人材紹介業を併営する事業グループです。グループ企業であるマテリアルは、「ブランドに関わるすべての人を幸せにする」をミッションに掲げ、PR・マーケティングでも経営と直結した上流工程に付加価値を与えることに注力したサービスを提供しております。顧客の抱える課題に対し、マテリアルが提唱する”ストーリーテリング”のノウハウが選ばれ続ける事で、継続して売上・営業利益、共に高い成長率を維持して参りました。


--------------

本件に対するお問い合わせ先

株式会社マテリアル
Mail:tokita@materialpr.jp

---------------